2024年02月09日

『週刊現代』グラビア
「愛新覚羅浩―日本と中国を結んだ流転の王妃―」掲載
 2024年2月9日(金)発売(2月17日号 ) 講談社

 2月9日(金)発売の『週刊現代』のグラビアに「愛新覚羅浩―日本と中国を結んだ流転の王妃―」と題する貴重な歴史的写真が一挙8ページに亘り掲載されています。未公開写真も含め、極めて貴重なものです。(2月17日号講談社)。

240212_1.jpeg

 今年に入ってまもなく、『週刊現代』編集部から「戦争という大きな渦に巻き込まれ、我々には想像できない体験をされた愛新覚羅浩さんの生涯にスポットを当て、写真と共に振り返りながら、戦争を二度と起こさないということを伝えていく記事にしたいと思っております」という私への取材依頼があり、インタビューを受ける共に、歴史写真など資料の全面的な協力をしました。

 天皇家と縁戚にある日本の侯爵家令嬢として生を享け、「ラストエンペラー」愛新覚羅溥儀の実弟である溥傑と軍部の強い意向で政略結婚させられた愛新覚羅浩(嵯峨浩)でしたが、二人は終生分かちがたい愛情で結ばれていました。

 結婚し、わずか5歳の二女嫮生の手を引いて、動乱の大陸をさすらい、命からがら引き揚げてくるも―。

240212_2.jpeg

 これまで公表されていなかった写真も含め、皇帝一族となった浩の盛装、平安時代から伝わる伝統的な婚礼装束、新婚時代の溥傑と浩の初々しい姿―。

240212_3.jpeg

 満州崩壊、敗戦で中国と日本に離れ離れになった浩が溥傑と16年ぶりに再会するため、羽田空港を飛び立つ姿。中国での周恩来首相と溥儀ら一族との写真など貴重な写真の数々です。

 激動の日中間を生きた女性の生涯を『週刊現代』グラビアでぜひご覧ください。


流転の子
『流転の子 最後の皇女・愛新覚羅嫮生』
定価 2,310円(税込)/中央公論新社/2011年8月刊


posted by noriko-motooka at 00:00| コラム